2012/12/28

自棄







アイビー「愛してる。」





















ロミオ「・・・お前、モデル一本でやってて正解だな。」

アイビー「・・・?」

ロミオ「演技下手すぎるぞ。」














ロミオ「そんなんじゃ俺はだまされねーよ。」


ロミオがアイビーの腕を振りほどきデスクに向かって歩き出す。


アイビー「どうして信じてくれないの?」

ロミオ「愛なんて永遠じゃない。いつかは消えるものだ。」











アイビー「待ってロミオ。」





















ロミオが振り返る。


ロミオ「なんだ?まだなにか・・・。」

















アイビーが言いかけたロミオの唇を塞ぐ。




















情熱的なキス。
ロミオがアイビーの背中に腕を回す。



















ドアが開いてマロンとジーンが入ってきた。


マロン「おつか・・・。」


二人の姿が目に飛び込む。














マロン「ちょ・・・またなのぉ~?」

ジーン「・・・・。」


















マロン「あ・・・あれ?(アイビーちゃん嫌がってない?むしろ積極的じゃない?もしかして・・・そういうこと?) 」

ジーン「・・・・。」

















どんどん大胆になる二人を横目にマロンがそそくさと歩き出す。


マロン「お、お先で~す。ほらっ、ジーンくん行くよっ!」

ジーン「あ・・・はい。」















ジーンが二人の横を通り過ぎる。


ジーン「お疲れ様です・・・。」















静かにドアが閉まり、二人の唇の重なる音だけが響く。



















ふいにロミオが体を離す。


アイビー「ロミ・・・。」

ロミオ「満足したか?」

アイビー「え・・・?」

ロミオ「あいつに見せ付けたほうがお前は盛り上がるもんな。」











アイビー「そんな・・・。」

ロミオ「いつのまにそんなに計算高くなったんだ?あいつの影響か?」

アイビー「・・・・。」

ロミオ「駒でいいなら使われてやるよ。いままでやらせてくれた礼だ。」












アイビー「・・・・・。」

ロミオ「お疲れさん。」



















アイビー「お疲れ様でした・・・・。」


アイビーがゆっくりと歩き出す。
















ドアの前で立ち止まる。


アイビー「ねぇロミオ・・・・。」

ロミオ「なんだ?」















アイビー「・・・・・なんでもない。」




















ドアを開けてスタジオから出て行く。




















メイクルームへ入るとそのままドアにもたれかかる。




















アイビー「 (私のこと、まだ愛してる?・・・・そのひとことが、怖くて聞けない・・・・。) 」



















ララ「え?これから?」




















ララ「もちろんいいわよ。急いで行くわね。」


ララが嬉しそうに微笑む。
















部屋のドアが開いてララが出てきた。
リビングでテレビを見ていたローガンに声をかける。


ララ「ローガン、私ちょっとでかけてくるわね。」















ローガン「こんな時間に?もうすぐ終電なくなるぞ?」

ララ「べつに平気よ。明日は休みだし。」

ローガン「男か。」















ララ「私にだってデート相手くらいいるわよ。」

ローガン「こんな時間に呼び出すなんて、お前また振り回されてるんじゃないのか?」

ララ「あら、お互いに詮索はしないんじゃなかったの?」

ローガン「俺はお前のこと心配して・・・。」












ララ「大丈夫よ。彼はそんな人じゃないから。」

ローガン「・・・・。」

ララ「じゃあ行ってくるわね。」

ローガン「ああ。」













ララ「行ってきま~す♪」

ローガン「気をつけてな。」

ララ「は~い。」















ローガン「俺もたまにはリアに連絡してみるかな。」




















ララがバーに到着するとすでにジーンは席についていた。



















隣の席に腰掛ける。


ララ「こんばんはジーンさん。」

ジーン「あ、ララちゃん。早かったね?」















ララ「そう?ジーンさんは仕事帰り?」

ジーン「うん。」

ララ「珍しいわね、ジーンさんから誘うなんて。なにかあったの?」
















ジーン「ちょっとね・・・。まだこっちの環境に慣れないこともあって・・・ストレスかな。」

ララ「ジーンさんでもストレス感じることなんてあるのね。」

ジーン「そりゃああるよ。」















ジーン「ごめんな。こんな時間に呼び出したりして。」

ララ「平気よ。明日休みだし、私も呑みたいな~って思ってたところなの。」

ジーン「そっか。」















ララ「今日は二人で朝まで飲み明かしましょ♪」

ジーン「そうだね。」

ララ「さぁ、呑むわよ~!」














数時間後。



















ジーン「ララちゃん、ちょっと呑み過ぎだよ。」

ララ「まだ大丈夫よ~。」

ジーン「もうここ閉店時間だから・・・。」
















ララ「じゃあ次の店いきましょ!」

ジーン「この辺はもう開いてる店ないって。」

ララ「え~、そんなのいやよ~。」















ジーン「君が酒癖悪いなんてはじめて知ったよ・・・。」

ララ「あら失礼ね!私酒癖悪くなんかないわよ~。」

ジーン「はいはい。今日はもう送っていくから・・・。家どっちだっけ?」

ララ「ダメよ。うちはダメ!ローガンと、異性は連れ込まないって約束だから~。」

ジーン「いや、送っていくだけだしそれくらい・・・。」

ララ「ダメなのっ。あの人そういうの結構うるさいんだから~。」











ララ「そうだわ!ホテル行きましょ?」

ジーン「え?!」

ララ「いやぁね~。変な想像しないでよ。ホテルで呑もうって言ってるのよ。もうジーンさんったら・・・w」















ジーン「いやでも・・・ホテルなんて・・・。」

ララ「大丈夫よ~。このへんシティーホテルたくさんあるし、お酒持ち込むくらい平気よ。」

ジーン「ララちゃんまだ呑む気なの?」

ララ「ちょっとだけよ~。それにホテルならすぐ休めるでしょ?」













ララ「ね?ジーンさん。私もう疲れちゃったし、ホテルでゆっくり呑み直しましょうよ。」

ジーン「う~ん・・・。」

ララ「始発の時間までつきあってくれてもいいでしょう?呼び出したのジーンさんよ。」














ジーン「そうだけど・・・。じゃあ始発までだよ?」

ララ「もちろんよ。」








2012/12/25

慈愛








翌朝。
身支度を済ませたアイビーが電話をかける。



















アイビー「もしもし、ジーン?」

ジーン『アイビーか。おはよう。』

アイビー「おはよう。昨日はごめんね・・・。」
















ジーン「ああ。マロンちゃんと一緒だったんだろ?」

アイビー『うん。』

ジーン「男の俺なんかより、マロンちゃんやマスターのほうが相談相手になっただろうし、よかったよ。」

アイビー『・・・・。』













アイビー「衣装のことなんだけど・・・濡れちゃって・・・。」

ジーン『昨日雨降ってたもんな。風邪ひいてないか?』

アイビー「うん。それは大丈夫。ゆうべの衣装、私買い取るから。」

ジーン『そっか。そうしてもらえると助かる。』

アイビー「うん。請求書あとでちょうだい。」

ジーン『わかった。』











ジーン「アイビー、今日仕事夕方からだろ?」

アイビー『うん。』

ジーン「このあと暇ならお昼でも食べに行かないか?」
















アイビー「ごめん・・・。私このあとラトの家に行く約束してて・・・。」

ジーン『そっか。』

アイビー「ごめんね。」

ジーン『いや、急に誘った俺が悪いし。また今度誘うよ。』

アイビー「うん・・・。」

ジーン『じゃあまたスタジオでな。』

アイビー「うん。また。」









アイビーが電話を切る。









































ジーン「・・・・。」









































テラスへ出たジーンが遠くの街並みを見つめる。
ビルの隙間からアイビーのマンションが見えた。



















ジーン「・・・・。」










































アイビー「プロポーズ?!」




















ラトーシャ「うん・・・。」

アイビー「よかったね!おめでとう!」

ラトーシャ「ありがとう・・・。」
















アイビー「ララは驚かないんだね?」

ララ「だって私知ってたもの。」

ラトーシャ「え?」

ララ「ローガンから聞いてたのよ。ローガン、ディーンに相談受けてたみたいで。」














ラトーシャ「そうだったんだ?」

ララ「それで?もちろんオーケーしたんでしょ?」

ラトーシャ「うん・・・。」

ララ「式はいつなの?」















ラトーシャ「時期的に冬は忙しいから、なるべく早くって思ったんだけど・・・。この時期に挙式するカップルは多いらしくて、式場がどこも埋まってたんだ。」

ララ「たしかに、式を挙げるなら秋が一番よね~。」

ラトーシャ「一番早くても1ヶ月先みたい。」

ララ「12月かぁ。外じゃちょっと寒いわね。」

ラトーシャ「うん。だから室内の式場にするつもり。」










アイビー「ラト、仕事はどうするの?」

ラトーシャ「続けるつもりだよ。この家のローンもあるし、ディーンにばかり苦労させられないから。」

ララ「あなたらしいわね。私だったらすぐ辞めてのんびり専業主婦するのにw」

アイビー「あははw」












アイビー「ラト、私のお姉ちゃんになるんだね。一年でおねえちゃんが二人もできるのか~。なんかすごいな。」

ララ「そういえばそうね。ずっと親友だったのに、なんだか不思議な感じね。」

ラトーシャ「うん・・・。」

アイビー「子供は?できちゃったわけじゃないんでしょう?」












ラトーシャ「うん。」

ララ「結婚したら子作りがんばらないとね。」

ラトーシャ「私は・・・べつにいつでもいいと思ってるんだけど・・・。ディーンは早く欲しいみたいで・・・。」


ラトーシャの頬が赤く染まる。












ララ「 (ラト、なんて幸せそうなのかしら。親友として嬉しいけど、やっぱりちょっと悔しい・・・。あなたが羨ましくてしょうがないわ・・・。) 」


















アイビー「 (結婚か・・・。周りがどんどん結婚していく・・・・。私・・・・どうなるんだろう・・・・。) 」



















ラトーシャ「日程が決まったら一番に連絡するね。」

ララ「ええ。なるべく早くね。その前に新しいドレス新調しなくちゃ♪」

アイビー「私も休み調整してもらうね。」
















アイビー「おはようございます。」


アイビーがメイクルームに入ってくる。

















マロン「おはようアイビーちゃん。」

アイビー「マロンちゃんおはよう。」

マロン「大丈夫だった?風邪ひいてない?」

アイビー「うん。あったかくして寝たし、それにマスターの特製スープが効いたみたい。」

マロン「さすが魔女だね。」












ジーン「おはようアイビー。」

アイビー「おはよう・・・。」

ジーン「アイビーには頼れる人がたくさんいるな。」
















アイビー「そうだね・・・。感謝しなくちゃ。」

マロン「いいよ~。今度ロミオちゃんに奢らせるからw」

ジーン「えw そっちですかw」

マロン「当たり前でしょ~。」

アイビー「・・・・。」












マロン「さ~、今日もがんばるよ~。」

アイビー「はい。」


















アイビーが一瞬みせた泣きそうな表情を、ジーンは見逃さなかった。


ジーン「・・・・。」
















ロミオ「終了だ。お疲れさん。」




















アイビー「待ってロミオ!」


デスクに向かうロミオをアイビーがひきとめる。

















アイビー「ジーンはただの友達だよ?」

ロミオ「・・・・。」

アイビー「私のこと信じて。」

ロミオ「・・・・。」

アイビー「だから嫉妬しないでほしいの。」










ロミオ「べつに嫉妬なんて・・・。」

アイビー「私が愛してるのはロミオだけだよ。」


















突然アイビーが後ろから抱きつく。




















アイビー「愛してる。」